フィナロイドを通販で6ヶ月5000円以下で服用できる個人輸入は?オオサカ堂を始めとするプロペシアジェネリックの最安値を比較

フィナロイド(プロペシアジェネリック)の最安値はオオサカ堂!


このサイトを見ている方はすでにフィナロイドがどのような薬か?ご存知でしょう。
一応簡単に説明しておくと、男性型脱毛症治療薬(AGA治療薬)として最も人気の高いプロペシアのジェネリック薬で、有効成分としてフィナステリドが配合されています。

すでに特許が切れているプロペシアは、数多くのジェネリック薬が全世界で製造されていてフィナロイドの他にもフィンペシアやフィンカーなどがあります。

日本でのプロペシアの価格はクリニックによって違いますが、約7000円/1ヶ月(30錠)
国内で承認されているプロペシアジェネリックでも、約3000円/1ヶ月(30錠)
AGAクリニックだと、この他に初診料や再診料、血液検査などの費用が必要になることもあります。

ちなみにAGA治療は保険適用外となります。

AGAが治るなら、1ヶ月でこれぐらいの金額なんて大したことない!
こんな風に思う方もいるかもしれませんが、当サイトで紹介している個人輸入サイトを利用して自分でフィナロイドを通販すれば、なんと「約800円/1ヶ月(30錠)」程度でフィナステリド錠が服用可能です。

プロペシアとフィナロイドの違いは?


よくインターネット上で、有効成分が同じジェネリック薬に関して「効果がない」「偽物」と疑う声もありますがそもそもジェネリック薬は同じ有効成分で同じ効果があることは試験で確認されています。
(でなければジェネリック薬として販売できません)

しかし、全成分が同じか?と言えば全てが同じではありません。
あくまでも一例ですが、「飲みやすくする」「使いやすくする」といった目的で先発薬とは添加剤が変更されていることもあります。

添加剤には有効成分の治療効果を妨げるような物質は使えません。
また、先発薬と有効性や安全性に違いが出ないように作られているのがジェネリック薬なので少なくとも効果・安全性に関しては先発薬と違いはありません。

例えば、プロペシアのジェネリックとしてはフィンペシアというジェネリック薬にキノリンイエローという発がん作用が疑われている添加物が使われていましたが、現在はキノリンイエローが使われていないキノリンイエローフリーのジェネリック薬がほとんどです。

違いと言えば、ジェネリック薬は研究開発費がかからない分価格が安い点です。

実際に、フィナロイドの通販で当サイトがおすすめするオオサカ堂ではフィナロイド100錠が最安値で2306円で購入できます。

フィナロイドを通販で購入できるのは個人輸入のみ


最近では、楽天やAmazonのような通販サイトでも市販薬(OTC医薬品)の通販が解禁されていますが、フィナロイドのような処方薬は通販サイトでは購入できません
購入するには医師の処方箋が必要です。

AGAクリニックの中にはオンライン診療をした後に薬だけ発送してくれるクリニックもありますが、やはり価格は冒頭で紹介したような国内価格なので高いです。

さらにプロペシアジェネリックであるフィナロイドは国内ではまだ未承認なのでAGAクリニックで取り扱う場合は、医師が個人輸入したフィナロイドを処方することになります。

つまり、結局はクリニックが個人輸入するか?自分でするか?の違いなんですね。
それだけで倍以上も値段が変わってくるので自分で通販しない手はありません。

個人輸入と聞くと、「英語もできないし、輸入なんてしたことがない」と不安に感じるかもしれませんがオオサカ堂を始めとして人気のある個人輸入代行サイトは日本語で運営されているのでそれこそ楽天市場やAmazonを利用したことがある人なら簡単に使いこなせると思います。

違いがあるとすれば、海外発送なので到着まで時間がかかる点とオオサカ堂の場合はクレジットカード決済ができず銀行先振込だけという点です。

そもそもフィナロイドとは?

ここからはフィナロイドに関する情報をもう少し詳しく紹介していきましょう。
まずは、「フィナロイドとは?」という話です。

冒頭でも軽く触れましたが、フィナロイドはAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック薬です。

有効成分はフィナステリド1㎎。
製造しているのは「LLOYD LABORATORIES(ロイド・ラボラトリーズ)」というフィリピンの製薬会社が製造販売しています。

フィリピンのブラガン州に本拠地があり、アメリカやインドなど世界6か国に工場を構えている大手製薬会社です。

日本のジェネリック医薬品最大手メーカーである日医工と業務提携をするなど高品質な医薬品の製造に取り組んでいる会社です。

フィナロイドは有効成分フィナステリド1mgの製品のみですが、内容量は30錠入りの製品と100錠入りの製品があるので通販で購入する際は気を付けてください。

錠剤はオレンジ色をしていてキノリンイエローフリーです。
フィナロイドはヘアサイクルを元に戻す、AGAの進行を食い止めるといった守りのAGA治療薬でミノキシジルと併用して使う方が多いです。

フィナロイドの効果と副作用


ミノキシジルと併用して使われることが多いので「フィナロイドには効果がないの?」と思われる方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

フィナロイドには薄毛の原因である脱毛ホルモンの分泌を抑えて抜け毛を防ぐ効果があります。

脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン;DHT)は、男性ホルモンである「テストステロン」が「5-αリダクターゼ」という還元酵素と結び付くことで生まれます。

フィナロイドの有効成分であるフィナステリドがこの両者を結び付けないようにブロックすることで抜け毛を防ぐのです

その効果についてはいくつか調査結果がありますが当サイトでは日本皮膚科学会で公表されている調査を紹介したいと思います。

フィナステリドの内服期間と効果
内服1年
⇒現状維持より高い改善効果を得た「58%」
内服2年
⇒現状維持より高い改善効果を得た「68%」
内服3年
⇒現状維持より高い改善効果を得た「78%」
出典:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

言い方がまどろっこしいですが、簡単に言えば確実に毛が増えたと感じた人の割合ですね。
この調査結果では内服期間が長ければ長いほど効果を実感している人の割合が多いことがわかります。

フィナロイドは続けることが重要で、平均的には6か月以上服用することで効果が現れます。

先程も言いましたように、フィナロイドは髪の毛を減らさない守りのAGA治療薬なのである程度長期的な服用が必要であるという認識が必要です。

また、フィナステリドは前頭部や頭頂部の薄毛に関係しているⅡ型の還元酵素にしか働かないので側頭部や後頭部といったⅠ型の還元酵素が原因となっている薄毛には効果がない場合もあります。

一方で、フィナロイドの副作用ですが基本的に有効成分であるフィナステリドは他のAGA治療薬と比較すると副作用の発現率が低く、これから紹介する副作用の症状も1%以下となっています。

普通の風邪薬でも副作用の発現率は3%程なので、フィナロイドは医薬品の中でも安全な部類と言えるでしょう。

副作用の発現率も踏まえた上で、起こりうる副作用の症状がこちら。

国内で実施された臨床試験(1年間)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められています。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに、食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

出典:フィナステリド錠を服用されている方へ

フィナロイドに初期脱毛の症状はない

フィナロイドとよく検索されるキーワードに「初期脱毛」があります。
これを見ると、フィナロイドの飲み始めに脱毛が起こると勘違いしてしまう人もいるかもしれませんが、フィナロイドに初期脱毛の心配はありません。

しかし、先程も触れましたがフィナロイドと併用して服用されることが多いミノキシジルには初期脱毛があるとよく言われます。

フィナロイドは抜け毛を防ぐ守りのAGA治療薬と言いましたが、ミノキシジルと併用していると初期脱毛が起こる可能性はあります。

とは言え、事前知識があればそんなに恐れることではありません。

フィナロイドの飲み方

フィナロイドの飲み方は1日1錠を服用するだけです。
特に飲む時間帯などの注意点はありません。
継続が重要なので忘れずに飲むことが大事ですが、飲み忘れたからと言って1日2錠飲んでも意味はなく、むしろ1日最大1㎎の摂取量をオーバーしてしまうのでリスクが大きいです。

有効成分フィナステリドの医薬品の中には1錠0.2mgの規格の製品もあります。
フィナロイドには0.2mgの規格がないため、中にはフィナロイド錠を半分に割って服用している人もいます。

0.2mgと1mgでは、研究で効果に明確な違いはないが副作用が出る可能性が0.2mgのほうが若干低いといったデータもあります。

クリニックでも0.2mgの取扱いは少なく、個人輸入通販でも少ないです。
0.2mgと1mgでは値段も変わりません。

なので1mg錠を半分に割ってより長くフィナステリドを服用したいと思う人もいると思いますが、錠剤を割って服用した際の安全性や有効性は保証されていない点だけは紹介しておきます。

それでもフィナロイドを半分に割って服用したい方はピルカッターやピルケースも買っておくのがいいでしょう。

AGA対策としては、フィナロイド単体ではなくミノキシジルとセットで服用するほうが効果を実感している人が多いです。

オオサカ堂のフィナロイド通販では、こちらも国内で買うよりも遥かに安いミノキシジルとのセット商品も通販できます。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

その他プロペシアジェネリックや個人輸入サイト

冒頭から紹介しているように、フィナロイドの通販はオオサカ堂がおすすめです。
個人輸入代行サイトとしての運営歴も長く、ツイッターなどのSNSを見ても利用者が多いので安心して利用できます。

しかし、どうしてもクレジットカード決済で購入したいという方のためにオオサカ堂以外でオススメのフィナロイドが個人輸入で通販できるサイトを紹介します。

※フィナロイドは取扱いしている個人輸入代行サイトがほぼないので同じ有効成分&効果のプロペシアジェネリックを紹介します。

参考までにオオサカ堂でのフィナロイドの価格はこちら。

フィナロイド(1箱100錠)【オオサカ堂】
1箱 約2,777円
2箱 約4,843円
3箱 約6,886円
※オオサカ堂はドル決済なので「約」と記載しています。
詳しくは⇒[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg


①フィンペシア・キノリンイエローフリー(1箱100錠)【ベストケンコー】
1箱 4,180円
2箱 5,980円
3箱 7,980円
5箱       10,990円

オオサカ堂と同じぐらい運営歴が長く利用者も多い個人輸入代行サイトのベストケンコー。
ベストケンコーで人気のプロペシアジェネリックがフィンペシアです。
フィナロイドよりも知名度の高いジェネリック薬になります。
1個だけで買うと割高ですが、半年服用を前提としたまとめ買いならオオサカ堂とほぼ値段は変わりません。むしろ安いです。
始めて利用する方は、クーポンコードに【GOLD】と入力すればさらに500円OFFになります。


②フィナステリド1㎎(1箱10錠)【ユニドラ】

10箱 3,940円
20箱 6,400円
30箱 7,800円

ユニドラは比較的新しい個人輸入サイトですが、未承認薬の広告ルールを守って他の個人輸入サイトのように広告にお金をかけていないので値段が安いのが特徴です。
(その代わりサイト内の商品検索は使いづらいです)
このフィナステリド1mg錠はイギリスの製薬会社ジマー・ファーマが製造しているプロペシアジェネリックで日本語パッケージの包装が特徴です。
初めてユニドラを利用する方は初回購入時にクーポンコード【first】と入力すると20%OFFで購入できます。
さらに今なら5箱購入ごとに1箱無料で付いてくるのでコスパだけを考えると最安値と言えます。

※サイト移動後に検索窓に「フィナステリド1mg10錠(プロペシアジェネリック)」と入力

オオサカ堂以外でフィナロイド(プロペシアジェネリック)を購入したい方は上記の2サイト2商品が比較対象になってくるかなと思います。

個人輸入代行サイトもプロペシアジェネリックも、探せば他にたくさんありますが、自分が実際に利用したことがあって医薬品の品質を確認したことがある個人輸入代行サイトでコスパの高いジェネリック薬となるとこの2つに絞られます。

結構フィナロイドを始めとしたプロペシアジェネリックは人気が高いので、偽物もそれなりに流通しているので個人輸入代行サイト選びは気を付けてくださいね!

authorをフォローする
フィナロイドを通販で6ヶ月5000円以下で服用できる個人輸入は?オオサカ堂を始めとするプロペシアジェネリックの最安値を比較